MARVEL

トニースタークが死亡したのはなぜ?アイアンマンは原作ではどうなったの!?

マーベル作品でも絶大な人気を誇る、アイアンマン。

様々なマーベルヒーローが集まる時の、トップヒーローでもありました!

アイアンマンことトニースタークですが、「アベンジャーズ/エンドゲーム」で死亡してしまいました。

そんなトニースタークが死亡したのはなぜだったのでしょうか?

そしてアイアンマンは原作でも死亡したのでしょうか?

本記事では、トニースタークの死に関して気になるこんな疑問を解決していきます!

本記事でわかること
  • トニースタークが死亡したのはなぜ?
  • アイアンマンは原作では死亡したのか?

トニースタークが死亡したのはなぜ?

「アベンジャーズ /エンドゲーム」で、サノスと戦うアイアンマンたち。

実は、トニースタークが死亡してしまうシーンがあります!

トニースタークはなぜ死亡してしまったのでしょうか?

その答えを先にお伝えすると…

トニースタークが死亡したのは
サノスを倒すための
最終手段だった!

ではなぜサノスを倒す最終手段が、トニースタークが死亡することだったのでしょうか?

そんなトニースタークが死亡した理由をさらに深掘りしていくと…

  • ドクター・ストレンジによる判断
  • トニースタークの覚悟
  • ロバート・ダウニー・Jr.の契約について
    このような流れが、トニースタークが死亡した理由に繋がっていくことになります。
    では、内容を引き続き詳しく解説していきますね。

理由①ドクター・ストレンジによる判断

映画で描かれているトニースタークが死亡シーンには、実はドクター・ストレンジが関わっています!

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の前に公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。

その劇中でドクター・ストレンジは、タイムストーンを使用し1千400万605通りの未来を見ます。

そのときにドクター・ストレンジが見た未来、それこそがトニースタークの死でした。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、サノスを倒すことが目的だったのですが、倒す手段はこの1つのみ。

インフィニティ・ガントレットをつけて指パッチンをし、サノスを倒すことでした。

ドクター・ストレンジは、トニースタークに「他に道はなかった」と伝える場面もあります。

後にも先にも、トニースタークはこのときに死亡する運命だったのかもしれません。

理由②トニースタークの自ら選んだ死への覚悟

ドクター・ストレンジの見た未来を、受け止めたトニースターク。

実は、トニースタークは自分が今ここで死ぬ可能性があることを予測していたかもしれないのです。

トニースタークが指パッチンをする前に、ハルクが指パッチンを試みています。

ハルクは身体が大きく力も強いので、みんなよりも苦しみは少ないものの、サノスを倒すことには至らなかったのです。

ハルクがダメならトニースタークがサノスを倒すことは、本当はもっと無理があるはず。

しかし、トニースタークはこの時マーク85を開発しており、指パッチンの力に耐えて、サノスを倒すということが行えています。

結果、サノスを倒すことはできてもその力に最終的に耐えられず死亡してしまうトニースターク。

ですが、マーク85を開発しているところから、トニースターク自身覚悟をして、サノスを倒す目的を実行していたのかもしれませんね。

理由③ロバート・ダウニー・Jr.の契約上の問題

エンドゲームとはまた別の話になりますが、アベンジャーズシリーズの一番最初の作品でもある、アイアンマン。

長くみんなから愛されるアイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr.ですが

  • アイアンマンを卒業を前々から決めていたこと
  • 今後の契約更新をしなかったこと

この2つの理由がトニースタークの死亡に関わっている可能性が考えられます。

ロバート・ダウニー・Jr.は、「恥ずかしい終わり方はしたくない」とも言っていました。

このことも踏まえて、サノスを倒してトニースタークが死亡するという壮大なラストが作られたのかもしれませんね。

トニースタークが死亡したのはなぜ?のまとめ

トニースタークが死亡したことで

悲しみで溢れたと同時に、世界中の方がアイアンマンへの愛も止まらない作品となった「アベンジャーズ/エンドゲーム」。

サノスを倒すための手段は、トニースタークが死亡する運命だったということがわかりましたね。

ここまで「トニースタークが死亡したのはなぜ?」を解説してきました。

次は、「アイアンマンは原作でも死亡したのか?」引き続き解説していきます。

アイアンマンは原作では死亡したの?

「アベンジャーズ /エンドゲーム」ではサノスを倒し死亡してしまいますが、

アイアンマンは原作でも死亡したのでしょうか?

その答えを先にお伝えすると…

アイアンマンは
原作でも死亡をするシーンがありましたが、復活!?

アイアンマンの死んだシーンがあるのに復活とはどういうことなのか?

そこでさらに深掘りしていくと…

  • サノスの恋人が関わっている
  • アベンジャーズメンバーほとんどが死亡
  • ネピュラのおかげでアイアンマンが復活!?
    このように気になるキーワードが挙げられました!
    では、内容を引き続き詳しく解説していきますね。

アイアンマンの死亡にはサノスの恋人が関わっている?

映画でアイアンマンことトニースタークが死亡をしたのは、「アベンジャーズ/エンドゲーム」。

原作では「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が、アイアンマンの死の舞台となりました。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、「インフィニティ・ガントレット」というコミックで掲載されています。

原作ではアイアンマンは、倒すべき敵サノスと戦います。

ですが、サノスの恋人であるテラクシアという人物に襲われてしまい、アイアンマンは死亡してしまうのです。

死亡の仕方が映画とは違いとても残酷で、アイアンマンの首がもげて死亡してしまうという、なんとも言えない終わり方でした。

アベンジャーズメンバーがほとんど死亡してしまう

アベンジャーズシリーズでは、犠牲となって死んでしまったヒーローがアイアンマン以外にもいますね。

ですが、原作「インフィニティ・ガントレット」では、ほとんどのアベンジャーズメンバーが死んでしまいます。

その中の1人でもあるのがアイアンマンでした。

映画のアベンジャーズシリーズでは、アイアンマンはヒーローたちの中心となって動いている様子が見られました。

ですが、原作ではアイアンマンが特別視されることは少なく、多くのアベンジャーズメンバーの1人として描かれています。

その時点では、誰に助けられることもなく死亡してしまうことがわかりますね。

ネビュラの指パッチンによりアイアンマンが復活!?

これまで見てきたように、原作でもアイアンマンは死亡することが描かれています。

ですが、実はその後にネビュラの指パッチンによりアイアンマンが復活するのです!

ネビュラは、24時間時を戻すことを唱えながら指パッチンを行います。

そのおかげで、首がもげてしまう前のアイアンマンを復活させることができるのです。

結果的にアイアンマンは死亡してしまいました。

ですが、24時間ネビュラが時を戻すことにより復活するので、アイアンマンは死亡はしていないということになるのかもしれませんね。

アイアンマンは原作では死亡したの?のまとめ

映画では死亡してしまったアイアンマン。

原作でもサノスの恋人テラクシアに襲われて死んでしまいます。

ですが、ネビュラの指パッチンによりアイアンマンは復活しているので、結果的に死んでいないことがわかりました!

ここまで「アイアンマンは原作では死亡したの?」を解説してきました。

次は、2つのキーワードをまとめて解説していきます。

まとめ

本記事で「トニースタークが死亡したのはなぜ?アイアンマンは原作ではどうなったの!?」という疑問を最後にまとめてみましょう!

?トニースタークが死亡したのはなぜ?

  • サノスを倒すための手段が、トニースタークの死亡だった!

?アイアンマンは原作ではどうなったの?

  • サノスの恋人テラクシアに襲われてしまいますが、ネビュラの指パッチンにより復活する!

映画エンドゲームでは死亡してしまい、原作では一度死亡してしまうが復活をするアイアンマンことトニースターク。

原作と映画の違いがあることは、大人の事情も含まれているかもしれませんが、どのような結果になっても愛されているアイアンマン。

原作と映画の結果は違くても、それぞれに面白い部分はあると思うのでぜひチェックしてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!